▼おすすめの楽器

■ 商品詳細

■ 商品の仕様

  • ピッチがちょうど良くて、叙情的な曲を楽しめます。アウトドアでも、インドアでも吹けます。
  • 【音域】:ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド
  • 【色】:ヨウヘン釉薬 , 材質:白雲土
  • 【付き物】:ソフトケース、運指表

■ 商品の説明

  • 窯変釉薬の原因 ヨウヘン釉薬とは陶磁器を焼く際、予期しない釉色・釉相を呈することです。 窯の中には多くの色元素があるため、酸化還元反応によって、陶磁器のできた時に予想しない釉色・釉相を呈します。形が特別で、珍しい上に、人々はこのような陶磁器が窯で焼いた時に出た製品だけ知って、ほかの原理も知らないので、窯変釉薬という名前をつけました。「窯変無双」という俗語があります。それは窯変釉薬の変化がユニークで予想できないということを意味しています。 窯変釉薬の市場価値 鮮やかな釉薬の中で、窯変釉薬はとても独特な存在です。近頃、窯変釉薬の市場価格も日増しに高まって、現在、百万元の窯変釉薬は12つに達しました。 2010年、中国の嘉徳で催される「飛鴻閣蔵陶磁器」のスペシャルオークションの中で、清乾隆時期の窯変釉薬の一つ-ハス形の口をしている陶磁器のファイナルプライスは最も高くて、165万元に達します。2011年サザビーズ 香港春のオークションの中で、高さ17.4cmの清雍正時期の窯変釉薬-龍の浮き彫りは150万-200万香港ドルの見積で、258.4万香港ドルのファイナルプライスで売られて、それも現在窯変釉薬の最高プライスです。2012クリスティーズ 香港春のオークションで、清雍正時期の窯変釉薬-「三牺瓶」は224.8香港ドルに値します。関連専門家は単色釉薬陶磁器がだんだん収集者に重視されて、窯変釉薬という単色釉薬陶磁器もきわめて大きな収集投資価値があると考えています。
ページトップへ
ページトップへ