▼おすすめの楽器

■ 商品詳細

electro-harmonix エレクトロハーモニクス エフェクター ディストーション/ファズ/オーバードライブ Soul Food 【国内正規品】

■ 商品の仕様

  • Klonケンタウルスをモチーフに製作
  • レスポンスの素早い素直なオーバードライブサウンド
  • ヘッドルームが広くサウンドを鮮明にするブースト回路
  • トゥルーバイパスとバッファードバイパスが切り替えが可能

■ 商品の説明

  • エレクトロ・ハーモニックス
    ABOUT electro-harmonix

    エレクトロ・ハーモニックスは、1968年10月 マイク・マシューズによって創業された。最初の製品は“アクシス・ファズトーン”というファズペダル。その後、数々のノーベル物理学賞を受賞している研究所“ベル研究所”にいた技術者、ボブ・マイヤーと共に作ったリニアパワーブースター“LPB-1”という元祖ブースターとも言えるモデルは、通信販売のみだったのにもかかわらず大ヒットし、エレクトロ・ハーモニックスというブランドが広く知れ渡るようになった。続いて69年後半頃には名機“ビッグ・マフ”を発売し、70年代にはスモール・ストーンやメモリー・マンといった現在も人気の高いモデルを続々とリリースし、それらは好調なセールスを記録。70年代は絶好調だったものの、80年代には労働組合やパーツ供給を巡る問題に直面し、84年に一度倒産してしまう。そこでマイク・マシューズは旧ソ連に渡り、88年に新会社“ニュー・センサー・コープ”を設立。“ソヴテック”ブランドのもとで、真空管やエフェクター、アンプといった製品を次々と作り出し、総合音楽機器メーカーとして復活を遂げた。そして91年、一度失ったエレクトロ・ハーモニックスの商標を取り戻し、02年には拠点であったニューヨークに戻り、現在も世界中の多くのプレイヤーに個性豊かなエフェクターを届けている。


    名機のサウンドをより手頃に
    • エレクトロ・ハーモニックスの創始者マイク・マシューズは、トーンマニア達にあるペダルについて言われ続けていた。それは、価格が高沸し過ぎて手に入れられないオーバードライブの名機“Klon ケンタウルス”のことである。彼は、「手頃な値段で誰にでも入手可能なペダル」を製作する使命を製作チームに課し、こうして出来上がったのがSoul Foodである。Klon ケンタウルスをモチーフに製作された本機は、楽器自体のサウンドを大事にするトーンに敏感なプレイヤーに向けたオーバードライブで、クリーンブースターとしても使用が可能。スイートなクリーンブーストやプレイヤーのタッチを表現できる軽い歪みから、サウンドを生き生きさせる激しいオーバードライブまで、幅広いサウンドに対応している。アンプをサチュレートさせる為にゲインを上げれば、より良いディストーションサウンドをアンプから引き出すこともできる。このSoul Foodは、プレイスタイルや使用機材に関わらず、一切の妥協無しで、サウンドを更に高次元に押し上げてくれる。
    レスポンスの良い素直なODサウンド
    DRIVE コントロールノブ

    入力ゲインを調整するノブ。右に回すにしたがい、オーバードライブがクリーンブーストから激しいオーバードライブに変化する。ノブを回してみると、ポジションによって様々なドライブサウンドを体感いただけることだろう。
    様々なセッティングをお試しいただきお好みのサウンドを見つけてみてほしい。DRIVEは歪みの変化と同時に、右に回していくと中域が強調されていく。

    バイパスモード切替スイッチ
    バイパスモード切替スイッチ

    裏蓋を外すと、基板の右下にバイパスモード切替スイッチがある(画像参照)。スイッチがTrue(上)ではバイパス時にトゥルー・バイパスになる。Buffer(下)ではバイパス時にバッファー回路を通る。工場出荷時はTrue。Trueモードでは、バイパス時にINPUT端子とAMP端子がダイレクトに繋がる。Bufferモードでは、バイパス時には高品質なバッファー回路を通ってAMP端子から出力される。

    電源:9Vバッテリーまたは9V DCセンターマイナスアダプター JP9.6DC-200(付属)。アダプターでの使用の際は、必ず純正アダプターJP9.6DC-200(付属)を使用してください。
    他社製のアダプターの使用が原因となる破損・故障等が起きた場合、保証期間内であっても保証の対象外となる恐れがありますのでご注意ください。

ページトップへ
ページトップへ