▼おすすめの楽器

■ 商品詳細

VG KTR-45 CS【ビンテージを基に製作されたモデル】

■ 商品の仕様

  • “何もあきらめない本当の楽器作り”を実現したKTRシリーズ。
  • J-45のボディ厚を10mmサイズダウンし、抱えやすく弾きやすいモデルに。
  • '60sのJ-45特有の存在感は残しつつ、徹底的に“プレイするため”のギターとして製作。
  • ネックはヴィンテージのネックシェイプを基本にしつつ、1本1本職人がハンドシェイピング。
  • 表面的な弦の“鳴り”ではなく、ボディ全体で“鳴る”楽器。

■ 商品の説明

  • 通常のJ-45のボディ厚を10mmサイズダウンし、抱えやすく弾きやすい新たなスタイルのアコースティックギター、"KTR-45"。

    長時間弾いていてもストレスを感じさせないボディサイズ、ヴィンテージのコピーではなく“握りやすい”シェイプにこだわったネックグリップ。また、ルックスもラージガードやダブルリングのロゼッタなど、60’sのJ-45特有の存在感は残しつつ、徹底的に“プレイするため”のギターを製作しました。

    Key to the Rockシリーズですから、ただ弾きやすいだけではありません。
    トップ材は、剛性もあり粘りのあるトーンが魅力のシトカスプルース、サイド&バック材には軽やかな立ち上がりのマホガニーを使用したオール単板のボディです。

    30年以上自然乾燥されていた極上ストック材のマホガニーを使用したネックをセットイン。
    さらに、こだわりの“フォワードシフテッド、ノンスキャロップXブレーシング”を採用。
    実際にビンテージのJ-45から採寸することで表面的な弦の“鳴り”ではなく、ボディ全体で“鳴る”楽器に仕上げています。
    弾き込んだ時の深みのあるサウンドはここから生まれるのです。

    あとはあなたの“ 音色 ”に育ててください。


    ~Key to the Rock Seriesとは?~

    “何もあきらめない本当の楽器作り”を実現した、私達が考える“良い楽器” を提案するシリーズ。現在の生産体制ではコスト計算上できないことが多いため、本当に良いものが作れないと言う事情を根底からひっくり返しました。
    できれば各店店頭で実際に手にとってお試しいただき、その"本気度"を体感してください。

    スペック
    ●Top : Solid Sitka Spruce
    ●Back & Side : Solid African Mahogany
    ●Neck : South American Mahogany (30 years air drying)
    ●Fret Board : Rosewood (19F)
    ●Fret Board Width : 43.0mm / 57.0mm (20F)
    ●Bridge : Rosewood (Upper Belly Style)
    ●Bracing : Foward Shifted Non-Scalloped X
    ●Scale Length : 625mm
    ●Nut : Bone
    ●Saddle : Bone
    ●Finish : Lacquer
ページトップへ
ページトップへ